HOME > 設立趣意

設立趣意(案)

 現代は死別シングル、離婚シングル、未婚シングルなど、「おひとりさま」の時代と首われます。生涯未婚 率は男性で12.6%、女性で5.8%に達し、50歳以上の未婚者数は200万人超。また、未婚者のうち男性の41%、 女性の47%が単独世帯での生活を営んでいます。  そうした単独世帯・未婚者の健康問題についてある調査によると、既婚者に比べ身体的健康状態が「やや悪 い」「大変悪い」と答えた数は40-59歳で1.8倍、60-77歳で2.05倍と有意に多く、精神的健康状態に関して も抑うつ傾向の医学的尺度である「CES-D」により網査したところ、配偶者のあるものに比べ未婚、既婚未配偶 者の抑うつ尺度は平均1.2倍といいます。*  私たち性的少数者は、現在、単身世帯で生活するものが多く、ここで書われたことをすでに皮膚感覚で感じ 取っています。  また、性的少数者はいまなお根深い無理解や偏見により、社会のなかで孤立しがちです。内面化された偏見 により自らの存在を罪悪視したり、疎外感から精神を病み、セルフ・ネグレクトの果てである自死を選ぶ仲間 もいます。「おひとりさま」として生活する性的少数者は、こうした傾向を加速する慮れもあります。  近年、性的少数者の当事者による自尊感情の回復運動として、全国各地で「プライド」パレードやイベント が行われています。性的少数者の存在を可視化し社会に認知させる一定の効果を生み出しています。しかし、 そこではLGBTユース(若年者)向けの啓発活動はよく見られるものの、中高年の性的少数者、中高年のおひと りさまへの情報提供はまだまだ少ない、あるいは皆無なのも事実です。  上述した「おひとりさま」でいることの負の側面である、健康不安・精神不安の問題は、「おひとりさま」 として生きている中高年の性的少数者のあいだでも今後、ますます顕在化することと思われます。  私たちは、現在あるいはこれから中高年期を生きる性的少数者として、このことを深く憂慮し、特定非営利 活動法人メリメロの設立を決議しました。法人は、「おひとりさま」から来る健康不安・精神不安を解決する ことを期して、生活不キルを向上させるための学び合い、安心を培うための共助の活動、そして当事者および 社会への情報提供を行なっていきます。  健康不安・精神不安を低減し、性的少数者の健やかな人生を支援することは、社会の人的資源を豊かにし、 多様性を高め、地域の活性化につながるものと考えます。  特定非営利活動法人メリメロの設立にあたり、性的少数者をはじめ社会の多くの人びとの、理解と幅広い参 加を呼びかけます。

目的(案)

この法人は、性的少数者が余儀なくされる「おひとりさま」から来る健康不安・精神不安を解決し、健やかに 人生を過ごすための学び、共助、発信の活動を行う。あわせて、それらの活動を通じて社会の人的資源を豊か にし、多様性を高め、地域の活性化に貢献することを目的とする。

事業(案)

この法人は、目的を達成するために、つぎの事業を行う。
(1)生活スキルを向上させるための学び合いの事業
(2)安心を培うための共助の活動を推進する事業
(3)当事者および社会への情報提供の事業
(4)その他、目的を達成するために必要な事業

▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system